WELCOME
TOP
今だけNEWS
はじめに
5つの約束
脱表示指定成分
美容業界3つの謎
フェイシャル紹介
商品情報
ネットショップ
グループ店舗一覧
最近あった5つの質問
企業案内
表示指定成分
リンク集
ふろく


みなさんの質問に対してつらつら思んみること
 ココ・ボーテグループには、たくさんのみなさんから、さまざまなご質問をお寄せいただくわけですけれども、ほとんどそのたんびに考えるのは、美容業界っていうのはなんだってまあこんなに、いろんな情報が錯綜しているんだろうってことですね。
 特に、インターネットで流れている情報は、はっきり言って玉石混交です。たとえば、“重曹”とか“酸素系漂白剤”をネットで調べると、「からだにも環境にもやさしいから安心して使えます!!」というサイトと、「環境破壊の原因ともなっていますからぜったいに使うのはやめましょう!!」というサイトが併存しています。これはどう考えたって明らかに矛盾なんですけど、残念ながらそれが現状です。
 ココ・ボーテグループとしては、確かに科学的&理論的考察も必要ですが、つねに「お肌やからだに直接聞いてみる」というスタンスをとっています。少しでも有害性が疑われるものは、ボランティアのみなさんのご協力によるパッチテストを必ずおこなっています。いちばん大切なのは、“疑わしいものをやめてみる勇気”だと私たちは思います。

ご意見&ご質問お待ちしています
 ココ・ボーテグループについて、ご意見・ご質問のある方は、eメールでお寄せ下さい。ご質問に関しましては、なるべく早急にご返事させていただきます。
ホームページ等でご紹介させていただく場合は、事前にご連絡いたします。
掲載をご承諾いただいた場合、豪華な?粗品を進呈いたします。eメールご利用の方は、下記のボタンをクリックして下さい。
e mail
回るはてなマーク1回るはてなマーク2回るはてなマーク3
Q ベゼ・クレンズフォールで頭を洗うと、ポマードを塗ったようにベッタリしてしまうんです。これじゃ洗った気がしないんですけど……。[類似苦情(?)5名]
A 石けんシャンプー初心者サマに限ってのお叱りでございました。まず、シャワーでよく流して洗っても、その不快感が長く続くようなら、HENNAによるDETOXもお勧めします。毛孔を通して老廃物が排出している可能性もありますので、ここは出すものを出しちゃいましょうか――の考えですね。HENNAの使用方法につきましては、下記のココ・ボーテショッピングサイトの、〈ヘナ各商品〉の能書きページに詳しく書いてありますので、そちらをご参照下さいましね。
http://cart1.fc2.com/cart/cocobeaute/

Q エステティックサロンなのに、なぜ化粧品だけではなく、シャンプーにもこだわるんですか?
A ココ・ボーテグループでは、こだわりはシャンプーだけではなく、“合成石けん”全般にこだわっています。8年間の施術の現場で、合成界面活性剤を排除したり、旧表示指定成分の入っていないアイテムでお手入れをしていくうちに、おおぜいのお客様が元気な“すっぴん”を手に入れたのを見てきたためです。せっかく無添加のアイテムでお手入れをしても、シャンプーや染毛で肌を荒らしてしまい、バリアゾーンがヘタッてしまっては、ニキビ、シワ、赤ら顔etc.の多くのトラブルの原因を作ってしまうと考え、徹底的にタフスキンを取り戻すための方法として特にオススメしているわけです。

Q COCOさんのベゼ・クレンズフォールで洗髪していますが、洗ったあとで髪がキシキシします。どうしたらよいか教えて下さい。
A 石けんシャンプーに慣れていない方、今まで合成シャンプーだけを使ってきた方の場合、特にロングヘアの方だと、しばらくのあいだは“きしみ感”があると思います。ごめんなさい。そんな方は、熊猫印(パンダ印)の「竹酢液」を水(水道水はダメ)で200倍に薄めてスプレーしたり、濡れたままの髪に「ベゼ・ボディガード」を付けてしたりしてみるとイイと思います。やがて気にならなくなり、髪のバリアゾーンがタフさを取り戻せば、そんなことはしなくても済むようになります。1度お試し下さい。

Q ココ・ボーテの商品ラインナップには、なぜ“化粧水”がないんですか?[化粧水大好きっ娘]
A はい、それは、水物(ミズモノ)は、どうしても商品の劣化が速く、たくさんの化学物質を入れないとすぐにダメになってしまうからなんですね。その代わり、ココ・ボーテでは、なるべく肌へのダメージを避けたいがために、「ベゼ・ジュレ」と「ベゼ・ボディガード」という、2つのジェルタイプの商品をラインナップしています。だいたい、人間の皮膚に水分が浸透するのは、表面からせいぜい0.2mm程度のところまでです。だから、「グングン潤っていく」だの、「シミコム、シミコム」ってのはどうなのかな(笑)って吹き出すことがありますね。もし本当にそうだったら、お風呂で長湯なんてしようもんなら、お湯がお肌にしみこんで潤いだらけ!?になるんでしょうか? コッチが質問しちゃいけませんね(-_-;

Q うちのダンナは全身、COCOブランドなのに、くるぶしやお尻をよく掻きむしっていて、見るとカサカサしています。私も下着のあとがカユクなるんですけど、これってなんなんですかね?[COCO歴3年突入の鬼嫁]
A あっ!? もしかして、鬼嫁さんちは、お洗濯の洗剤は合成石けん!? 油汚れやタンパク質汚れに強いとのウタイ文句は確かにそうなんだけど、良〜く考えてみると合成界面活性剤の残りがどうしても洗濯物に残ってしまうわけです。そうすると、汗をかいたりした時、汗で濡れた部分から合成界面活性剤が染み出してきて、その部分の脂肪分を溶かして乾燥を引き起こし、カユミやブツフツ、黒ズミなどのトラブルの引き金となっているのかも……。ぜひ1度、市販の純石けんの洗剤でお洗濯してみて下さい。そんなことはピタッとなくなるはずです。なお、ココ・ボーテのオリジナル商品の1つに、合成界面活性剤無添加の安心洗剤「バブルバンブー」があります。竹酢入りでお肌も地球もニッコリ!! ダンナ様もニッコリ(^―^)されるといいですね。

Q 我が家ではトイプードルを2匹飼っていますが(猫も3匹)、トリマーに行く度に、あとでとってもカユがります。やっぱりシャンプーが原因なのでしょうか?
A う〜ん、できれば当人(てゆーか当犬か当猫?)に聞いてみたいところですけど、犬語も猫語も不得意なので聞けませんけど、あり得る話ではありますね。うちにもRedのトイプードルが2匹いますが、無添加犬!?として育てていますので、試作品の「バブルバンブー」を薄めたものでシャンプーしていて、トクに問題はないのですが、念のため、ご家族といっしょの「ベゼ・クレンズフォール」を薄めたものでシャンプーしてみてはいかがでしょうか。余談ですが、犬用シャンプーで愛犬をシャンプーしている知人が、いつも頭のてっぺんで泡立てて洗っていたそうですが、だんだんそのへんの被毛が退色してきたと嘆いていました。人間にワルイものが犬にはイイということはほとんどないと思うので、やってみて下さいね。それにもう1つ、これは弊社のスタッフですけど、やはり長年、頭頂部で合成界面活性剤主体のシャンプーを泡立てて洗髪してきたのがタタッた?のか、そこらあたりの毛髪が……(気の毒で語れず)……今、ベゼ・クレンズフォールとパンダ竹酢でリハビリ中(笑)です。