WELCOME
TOP
今だけNEWS
はじめに
5つの約束
脱表示指定成分
美容業界3つの謎
フェイシャル紹介
商品情報
ネットショップ
グループ店舗一覧
最近あった5つの質問
企業案内
表示指定成分一覧
リンク集
ふろく

酔っ払い猫
一部の意見に対するささやかな反論
 私たちは、化粧品に含まれる有害物質の害について主張しているわけですけれども、なかにはこういう反論をする方がいらっしゃいます。「化粧品の毒性成分なんかを持ち出す前に、食品添加物のことを問題にしたほうがいいんじゃないの? 化粧品なんかなくなったって誰も死なないけど、食べないで生きていける人間はいないんだから」――それは確かにその通りです。でも、食料品と化粧品の存在意義は、よーく考えてみると明らかに違います。
 もし、食品添加物の使用が一切認められなくなったら、日本中はパニックになるでしょう。ただでさえ食糧自給率の低い日本は、コストの増大によって食品の値段が目の玉が飛び出るほどに高くなるでしょうし、防腐剤が使えないので食中毒で死ぬ人の数は確実に増えるでしょう。『食』は生命維持の主柱であるがゆえに、食品添加物が横行している現状に、私たち現代人はどこかで眼をつぶらなければ生きていけません。
 でも、化粧品は違います。この世から化粧品がなくなったって、誰も死ぬことはありません。『美への憧憬』という欲望に裏打ちされた、本来はなくてもいい、限りなく嗜好品に近いものです。そんなものに有害物質を入れてまで売ろうとするイメージ戦略にヒョイと乗っかって、人間が本来持っている「キレイになろうとする力」を阻害してまで塗りたくっているのは、イカガなものかと私たちは思うのです。
 ココだけの話ですが、だいたい化粧品が肌をキレイにしてくれる可能性というのは、日本人女性の平均的な期待値の何100分の1に過ぎません。そんなに明確な効果があるのなら、とっくに薬品として売り出しているはずです。しつこいようですが、にもかかわらず有害物質が入っていることの矛盾に、これからも突っ込んでいきたいと私たちは思います。
 

ダンスするガイコツ


ココ・ボーテの原点は、
今、話題となっているDETOX(体内解毒)にあります。
体内に残留している有害物質を排出しない限り、
本当の意味での美を手に入れることはできません。

 もし、あなたが、
「いい香りの化粧品」
「トロッとした乳液」
「しっとりさせてくれるクリーム」
「泡立ちのいい洗顔料やシャンプー」
の愛用者だとしたらそれは要注意です。
そういった使い心地のよさをうたった化粧品には、
危険な化学物質が多量に含まれている可能性があるからです。

 化粧品に含まれる化学物質のなかでも、
多量に使用すると特に危険性が高いといわれているのが、


特に危険性が高いといわれる6つの成分

という6つの成分です。
厚生省(現在の厚生労働省)は、
そういった103種類の「安全上問題とされる成分」を集めて、
“表示指定成分”と名付けました。

 ココ・ボーテ グループでは、
『脱表示指定成分宣言』をおこなっています。
 ココ・ボーテ グループのサロンで使用している化粧品は、
有害性が疑われる成分を完全に排除しているだけではなく、
化粧品に含まれている成分を100パーセント公開しています。
敏感肌・アトピー・アレルギーなどで悩んでおられるお客様にも、
安心してご利用いただけます。

 
変える勇気で変わる素肌

もうちょっと詳しい説明
 表示指定成分とは、厚生労働省が、ある化粧品公害の事件をきっかけに、旧厚生省時代の1980年にその毒性を認めた、化粧品に含まれる103種類の成分のことです。かつては、必ず表示しなければならない成分だったためにそう呼ばれましたが、2001年4月からは全成分の表示が義務付けられたため、現在は“旧表示指定成分”とも呼ばれています。
 表示指定成分をめぐっては、さまざまな論議がありますが、美容業界においては、多くの企業が共通のスタンスをとっています。それは次のようなものです。
「ひとくちに表示指定成分といってもさまざまなものがあり、アメリカではすでに使用が禁止されている危険なものから、食品添加物としても認められているほぼ安全なものまでがあります。もともと、表示指定成分に指定された化学物質のほとんどは、〈高コストで〉〈入手が困難で〉〈品質安定性が低い〉天然成分に代わるものとして開発された、〈低コストで〉〈簡単に製造できる〉〈品質安定性が高い〉成分です。公共機関が毒性を認めたといっても、ほぼ安全なものまでを排除したのでは、コストや品質の面で問題が生じてしまいます。そのため、弊社では一部の旧表示指定成分を使用しているのです」
 しかし、私たち、ココ・ボーテ グループのスタンスは違います。たとえ理由はどうであれ、ほんのわずかでも肌や体に有害となる疑いがあるものは、使用を控えるべきではないかと私たちは考えます。なぜなら、たとえ100人中99人は大丈夫でも、たった1人でもダメージを受けている人がいるのだとしたら、その事実を決して見過ごせないと思うからです。
 私たちは、創業からの10年間の営業活動を通した経験のなかで、旧表示指定成分の入った化粧品の使用をやめるだけで、長年にわたって悩んでいらっしゃったお客様の肌トラブルが、確実に改善した例をたくさん見てきました。
 もちろん、肌の状態には個人差がありますから、肌トラブルの原因のすべてが旧表示指定成分にあるとは限りません。でも、もし、あなたが今、深刻な肌トラブルを抱えていらっしゃるのだとしたら、1度は旧表示指定成分を疑ってみることをオススメします。もし、あなたが愛用している化粧品に旧表示指定成分が入っていたら、試しに旧表示指定成分無添加の化粧品を使ってみることも1つの方法です。
表示指定成分一覧のページへ