世界に2万種の品種があるといわれるバラですが、中でも特に濃厚で甘い香りを放ち、さまざまなバリエーションがあることで知られる「ローズダマスク」。
 古代ギリシャの女流詩人サッフォーに「花の女王」と詠われ、その香りに魅了されたエジプトの女王クレオパトラにもこよなく愛されたといわれています。
 しかし、ローズダマスクはとても栽培がむずかしいバラで、長いあいだ、ごく一部の王侯貴族だけが鑑賞できる希少なバラでした。

 14世紀のオスマントルコ帝国時代、ブルガリア地方で、ダマスカス(シリアの首都)から運んだバラの苗の栽培がはじまりました。「ダマスカスからやってきた」ことからダマスクローズと呼ばれるようになりました。
 現在、ブルガリアは世界有数のローズダマスクの産地で、毎年
6月には盛大な「バラの谷祭り」が開催されています。



 その花びらから抽出されるのがローズダマスクオイル。1gを抽出するのに約2,500本のローズダマスクが必要なことから、現在も高価なことで知られる貴重なオイルです。ところが最近、そのローズダマスクオイルが急に注目されるようになりました。現代科学の進歩とともに、これまで神秘のヴェールに包まれていたさまざまなメリットが明らかになってきたからです。
 古くから、興奮を鎮静化しやストレスを緩和するアロマオイルとしての効能は知られていましたが、そのほかにも、ビタミンAやビタミンCを豊富に含んでおり、ホルモンの分泌を促したり、新陳代謝を活性化させて硬くなった肌をやわらかくしたり、免疫力を向上させることがわかってきました。最新の医学研究によると、ローズダマスクオイルに多く含まれる成分「オイニゲン」には、花粉症などを予防する抗アレルギー作用があることもわかりました。



 ココ・ボーテグループの「究極のフェイシャルエステ」で使用するローズダマスクセサミオイルは、国産初の宮崎県産オーガニックのローズダマスクを贅沢にセサミオイルに漬け込んだオイルです。1回の施術で使用するオイルには、ローズダマスクの花およそ10個分ものエキスが入っています。ぜひ1度体験なさって、その芳醇な香りをご堪能いただければと思います。




 ココ・ボーテグループの「究極のフェイシャルエステ」は、下記の各店舗で実施しています。
 なお、メニューや料金は店舗によって異なります。詳しくは各店舗に直接お問い合わせ下さい。

ココ・ボーテグループ本部バナー

西武新宿線「小平駅」下車徒歩15分
ココ アンジュへのリンク

JR筑肥線・MR北九州線
「伊万里駅」下車徒歩45分


JR常磐線「北松戸駅」下車徒歩15分
ココ ラパン リンクバナー

西武狭山線・山口線「西武球場前駅」下車徒歩15分
/西武狭山線「下山口駅」下車徒歩18分